仮に再就職を目指そうとしても、全部が順調に運ぶという確証はどこにもありません。

実際に、転職活動をはじめたとしてもすべての人が満足いく成果をあげら…

  • 仮に転職するにも何もかもが首尾よくいくという確証はどこにもありません。できればどちらにしても転職をしなくてはならないなら極力早い時期に行動しておいたほうが良いです。傾向としては、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職というのは相当に厳しいといえます。もしも、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職する意思が芽生えたとしても、現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。つまり、退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社に残った状態で、転職活動されるのが良い、ということです。

    もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまう…

  • もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が一変するかもしれません。働いている会社の環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。さらには、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。なので、上記のような状態を回避するため、仕事をしている現場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を辞められます。さらには、トラブルなく退職できれば、転職後も、あなたが困ったときにアドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どこの企業も人とのつながりは大切であるため、退職前のトラブルは控えましょう。

    時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職を通じて実感しました。私は新婚した後、生活に慣れたらすぐに子供が欲しかったので、妊娠するまでの間のためにだいたい1年半~2年くらい今の部署で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員より給料は少なかったですが、ですが家庭の時間が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは大半が10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣であっても契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

    「就職エージェント」大手の場合、潤沢な案件を抱えて…

  • 大手の「就職エージェント」ほど、多くの案件を持っているという魅力がありますが、その反面、転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が難しいと判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、あなた以上に転職が成功しやすい別の人がいたとしたら、そのライバルを優先したりもするのです。つまり大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い応募することが困難なので、発想を変更してもっと規模の小さなエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そのような活用法もあります。

    ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その後…

  • ある古物商の会社で書類選考をパスしました。すぐに相手方から、面接日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。ようやく、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常にだらしのない態度で迎えられ、淡々と面接が終了しました。だが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、しびれを切らし、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。改めて電話をしたところ、驚くことに、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直、採用されなくてよかったです。

    自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

  • 自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、かつては、飲食の世界(レストラン)で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが引き金になり、退職しましたが、同時に、あんなに大好きだった食べることやそのレストランで提供していた食べ物さえも嫌になってしまい、よく似た店には今も行けません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵ですよね。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり冷静に自分自身と向き合う必要があります。

    転職先で会社見学などがあれば、すごく参考になります。

  • 転職候補先の会社見学は、良い勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるので楽しくもなります。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、日常の仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社してみないと、本来の姿は伺えないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことが良いです。加えて、会社見学時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、気を付けるべきです。入社すらしてない人には仮に何かトラブルが発生しても、それに対する保障が一切ないため、万が一、勧められても角が立たないように断るとこが大切です。

    転職活動をしている際に、高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。給与に関する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。

    「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフトの仕事に関する話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法については前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、私は過去、出産のため休む人の代役として、正社員として入社したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が土日に必ずでれる人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと本当に腹が立ってきます。

    転職活動で大事なことは企業そのものというより、具体的には「担当面接官」・・

  • 転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。しっかり採用してもらうために、まずはあまり意識せずに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いのような気分でいる、望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接官は最初にあなた自身の「人間性」をくまなく見られるので悪い印象を与える言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

  • タイトルとURLをコピーしました