音楽好きな子にオススメ!海外デビューも果たし第一線で活躍する動物たちが演奏するズーラシアンブラス♪

2014.11.28

  • あそび
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳の誕生日が近い息子を持つ、ライターの上島です。誕生日会の準備のため、飾り付け、ケーキ、食事の献立と毎日バタバタ。意外と時間がかかるので、お誕生日会開くのやめようかな・・・とへこたれそうになっている今日この頃です。

当の2歳になる息子は、赤ちゃんの頃から音楽が大好き!せっかくなら生の音楽を聞かせてあげたいと、いろいろなコンサートに連れて行きましたが、どれも10分ともちません。そのうち走り回ったり、飛び跳ねたりと追っかけっこがはじまり、音楽どころではなくなってしまいます。でもそんな息子がハマって見続けていたコンサートがあるんです!それは、“ズーラシアンブラス”という動物(!)が演奏するコンサート。今回は、子どもたちを釘付けにする彼らの魅力に迫ります。

神奈川県の横浜動物の森公園内に、よこはま動物園ズーラシアという動物園があります。日本最大級の広さを誇り、キリン科で世界三大珍獣のひとつオカピや、テングザルなど、希少動物に多く出会えることでも知られています。その動物園のマスコットたちで結成されたのがズーラシアンブラス。6頭の動物で構成されていて、演奏の途中で眠ってしまってはみんなに起こされているマレーバク(ホルン奏者)、頭脳明晰で優等生のリーダー、オカピ(指揮)など、メンバーはみんな個性豊か。子どもだけでなく、ママもそれぞれおしメンならぬ、おし動物がいて、ファンレターを出す人も数多くいるんですって。ちなみにママたちの一番人気は、クールなトランペット奏者、インドライオン!その人気たるや、コンサートにはソロの演奏タイムが必ずあり、ソロアルバムも出しているほどなんだとか。

演奏する曲目は、子どもが大好きな童謡やトトロなどのアニメの曲から、クラシック、舟唄などの演歌(!)までとっても幅広いのも魅力。奏者たちは輝かしい経歴を持ち、音楽界の第一線で活躍している動物(?)たちなので、実力も折紙付き。本格的な音楽に子どもたちはもちろん、ママやパパはまで思わず聞き入ってしまいますよ。

コンサートは、日本のほか台湾でも開かれてますが、デビューにはよこはま動物園ズーラシアがおすすめ。6頭のメインメンバーでやるのでメンバーを覚えやすいし、歌に合わせて会場のお客さんとダンスをしたり、子どもが指揮者としてズーラシアンブラスを指揮するコーナーがあったりと親しみやすいプログラムがギュッと詰まっています。しかも価格も入園料のみでOKです!

そしてコンサートの後は、動物園へGO!この動物園、広さが約42.3haととっても広く、約100種600点もの動物が生息しています。どれを見るか迷った人は、ズーラシアンブラスの実際の動物でもあるホッキョクグマやスマトラトラ6種の動物を探しにいくのもいいですね♪

文:上島 陸