イチゴ狩り・イルミネーションも楽しめる!2015年の干支・羊に会いにマザー牧場へ

2014.12.26

  • あそび
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳になった息子は、徐々に体力もついてきて、最近走り回るのが楽しくて仕方ない様子。寒さなんてなんのその、外に出ようとせがんで、朝早くから玄関の前でスタンバイ…。
今回、そんなわんぱくな息子が思いっきり走れて、好きな動物に触れ合えるところを求めて、東京から車で約1時間のマザー牧場にお出かけしました!

マザー牧場にはカピバラ、牛、アヒル、豚などたくさんの動物がいますが、私のお目当ては、来年の干支“羊”。羊は温厚な性格だから、子どもにも優しく接してくれるし、場内のいろんな場所に羊がいて、なかには珍しい羊にも出会えるんですよ。この冬の特別イベント、羊と記念撮影ができる「ひつじの写真館」、羊の毛狩りショーや牧場での羊の様子をトラクターで見て回るファームツアーなど、ここでしか体験できないイベントやショーがたくさんありますが、なかでもぜひ見たいのが、ひつじの大行進!約150頭の羊が牧羊犬に導かれて、いっせいにやってくる様は圧巻です!さらに、今年は羊たちが人文字ならぬ羊文字で“未”の文字を描くそうです。楽しみですね。

思いっきり羊に触れ合った後は、フルーツ狩りへ。マザー牧場内にはブルーベリーやキウイなどのフルーツ農園がありますが、1月はイチゴ狩りが体験できます。品種は、「紅ほっぺ」「章姫」「とちおとめ」の3種類。立体型で7段に植えられているので、小さい子どもも手が届くところにイチゴがあって、摘み取ることができるんですって。子どもはイチゴが大好き。ハウスいっぱいに植えられているイチゴを見たらきっと大興奮ですね。

そして夕方になると、約30万球の光に彩られた、羊とお花のイルミネーション、光のトンネルなどが現れます。街中のイルミネーションとは異なり、光が暗闇のなかに浮かぶように見えて純粋に光の数々を楽しむことができます。ほかに4歳から滑れるライトアップされたアイススケート場もあるんですよ!

 

今回は、この冬ならではの楽しみ方をご紹介しましたが、ほかに、牛の乳搾りが体験できたり、うさぎやモルモットと触れ合えたり、観覧車などのアトラクションがあったり…とまだまだ紹介しきれなかったものがたくさん。朝から夜まで一日中、いやマザー牧場内のコテージに泊まって1泊2日でも充分楽しめるこの牧場、一度足を運んで自然のなかで思いっきり楽しんでみませんか?

文:上島 陸