派遣のお仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社で営業を担当している人と…

派遣のお仕事が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している人と…

派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の1日目に派遣会社の営業担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニで待ち合わせたところ、担当者がなぜかコンビニエンスストアの前にいないから店内にいるのではないかと思い店の中に入ってみたところ、彼はなんと雑誌コーナーで座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて閲覧しているではないですか。こんな担当の方のお仕事なんてまっぴらごめんと考えて、その場で声をかけることなく気付かれないようにコンビニを出てすぐさま派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

転職活動にあたって相応の準備は必要不可欠です。

転職する場合、然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「服装」を誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、現在の企業面接については私服がOKな企業も多いので、ビジネススーツで出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創立して間もない企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。また、私服だと面接のなかで、ファッションについて、話もしやすくなるため、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今後、転職は企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

その昔は看護婦ですが看護師というのは働く者としてやっ・・

看護婦という名前だった看護師は職業として歴史的にも女性の割合が高い職です。知られていると思いますが気力あるいは体力をかなり消耗が激しい傾向にあります。とうぜんのように職場環境での人間関係が上手くいかなかったり、結婚や出産といった仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっているのです。なので、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、転職の増加を後押しする原因の一つなのかもしれません。

転職エージェントは一度登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。

転職サイトに一度登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これに対して初めて利用された人はかなりびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことがその役割なので、大変積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多々あります。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れたすぐ後に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように気をつけることが大事です。

楽しみを見出しながら転職活動と向き合えば、メンタル面での負担も少ないので、…

楽しく転職活動と付き合っていけば、メンタルを脅かされることがないので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。おまけにメンタルが健やかな状態のままであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。最良なのは、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい職場に飛び込むことです。現在の会社を退職せずに次の勤め先を見つけるのがベストです。おまけに、ブランクをなくせば直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間が無いので履歴にもキズがつきません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、上手に転職活動を進めていきましょう。


マーケティングとキャリアの攻略法

コメント

タイトルとURLをコピーしました