Author

未分類

今現在の自分の勤め先や業務内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

今のあなたの仕事や業務に関して、不満の中に、「自分の持っているスキルや仕事での能力を正確に評価されていない」したがって、「年収アップも、将来的な出世も期待できない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。けれど、上記のような不満を持っている人のなかには自身の器量を過大評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。
未分類

近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強化されたり…

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、損をするシステムができてきましたが、まだまだ不完全です。実は、面接で見破ることができます。最初に、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それぞれの項目についていろいろと質問してみることです。
未分類

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

失業保険を毎月、給付してもらうには、職を探していることを理解してもらわなければいけません。けれども、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが現実だと思います。なので、きちんと求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。
未分類

再就職を目指そうとしても、全部が首尾よくいくと言い切ることはできません。

転職活動をしたとしても、全てがうまくゆくと断言はできません。できればそのうちに転職するつもりなら極力早い時期に行動しておいたほうが良いです。たいていの場合、30代前半までは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代となったあとでの転職の場合は、難しくなるのが一般的です。
未分類

看護師という仕事の人の他の仕事に転職を決断する原因は…

看護師でありながら他の仕事に「転職しよう」と思う理由は人によりけりです。ちょっとみると看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産そして子育ておまけに家族の介護など、身近な家庭環境のいくつかの変化によってこれまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「収入に大きな不満がある」といったような悩みが考えられますね。
未分類

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

近いうちに転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これはあなたが勤めている会社側が社員に雇用保険を払っているところであれば、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。
未分類

求人に係る情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほ・・

求人サイトをチェックする時、例えば、事務系の仕事が希望だからと、製造業はチェックしない人がいます。そうした人には「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買や営業管理等のオフィス系の職も多数あるのです。
未分類

就職のため仕事探しをする場合に注意して欲しい求人情報は…

転職のため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束時間が長いものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがたいへん多いのです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。
未分類

かつての私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

これまでは職探しをするときは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。というのも有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのため、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をするいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着という点では安心して面接に進むことができます。
未分類

世の中は変わっていてスマートフォンは便利でネットで見られる世界・・

世の中は便利になったものでパソコンやスマホを見ればネットの世界では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが数多く存在しています。そのいっぱいのサイトから自身に見合った転職先を見付けるためには、とりあえず情報が大事ですから収集が必要です。こういう「転職サイト」をしっかり使うことで、よりスムーズな転職先探しが可能です。
タイトルとURLをコピーしました