未分類

未分類

転職するにも万事首尾よく運ぶ確証はありません。

仮に再就職しようとしても何もかもがスムーズに進行するという確証はどこにもありません。どうせするなら、いつか、転職しようと考えているなら状況が許す限り早いうちに行動しておいたほうが良いです。平均として見た場合、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職の場合は、難しくなるのが一般的です。
未分類

それ以外の職業に「転職しよう」と思う理由はその人によって違うはずです。

看護師という職業の人のほかの職に転職する原因は一人ひとり違います。どういう理由が多いかというと看護師が他の職業への転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから家事のことがいろいろとあって出産さらに子育ておまけに親の介護など、いくつかの環境の変化など、今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「給与体系に不満がある」というような問題があるのでしょう。
未分類

派遣社員として勤務しています。

"派遣で会社で働いています。労働契約法により不本意に… ある会社に派遣されて働いています。労働契約法の関係で残念ながらずっと働いた勤め先での仕事がもうすぐ終了します。同じ派遣の人の中には、派遣先で正規社員としての契約を獲得した方もいるので...
未分類

これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合…

今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが勤めている企業側が「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。
未分類

求人情報をチェックする時、事務系の仕事が希望だから…

求人誌をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人は、製造業をあまりチェックしていません。そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる仕事がたくさんあります。
未分類

就職のため職探しをするときに注意が必要な求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで・・

転職するため仕事探しをするときに注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがよくあります。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。
未分類

これまでの私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で仕事を探していました。

今までは、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に相談していました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、いつも都心の求人情報だけだからです。であったので、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、古くから地域密着といった点ではピンポイントで見えるのはありがたいです。
未分類

最近パソコンやスマホを使えばインターネットのエリアに・・

世の中は便利になったものでスマートフォンで調べればインターネットの世界では、要するに転職系のサイトが数多くあります。その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先を見つけるためには、まずは情報が大事ですから収集をしましょう。こんな転職サイトをしっかり使いこなすことで、満足度の高い転職先探しができます。
未分類

現在の自らの職場や業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。

今のあなたの職場や業務について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の資格やスキルを真摯に評価してくれない」だから、「年収はアップしないし、将来昇格する見込みもない」といった点が多くを占めるでしょう。ですが、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには本人が自分自身の本当の能力を「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。
未分類

近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり…

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公表されたりと、厳しく罰する傾向にありますが、完全には至っていないと思われます。したがって、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらをもとに堂々と質問してみることです。
タイトルとURLをコピーしました